インデックスへ戻る

防水工事

●施工方法と特徴

 

施工方法 特 徴
アスファルト防水
トーチ工法

産廃の発生量及び異臭が少ない

施工品質が外気温に左右されない

塩化ビニールシート防水 機械式固定工法では下地の乾燥が悪くても施工可能
シートの相互の接合部が溶着、融着により一体化する
比較的損傷を受けにくい
ウレタン防水 複雑な平面形状でも施工が容易である
露出仕上げで用途に対応できる補修が容易である
FRP防水 露出仕上げで用途に対応できる補修が容易である
防水層は強靭である

 

●折版葺屋根の原因と症状と補修方法


原 因

症 状

補修方法
シーリング材の切れ 雨漏りの発生 既存のシーリング材を撤去して改めてシーリング材を充填します
サビ サビがサビを呼び広範囲に広がる 水洗いをし、下地をきれいにしてから防水材を塗布します
ボルトの緩み ボルトからサビが発生し雨漏りを誘発する シーリング材でボルトを止めます

折版葺屋根

 

 

●スレート葺屋根の原因と症状と補修方法

 


原 因

症 状

補修方法
クラック(ひび割れ) 雨漏りの発生 シーリング材で補修します
ボルトからのサビ サビがサビを呼び広範囲に広がる シーリング材での補修又はキャップの取付をします
ボルトからの緩み ボルトからさびが発生し雨漏りを誘発する シーリング材での補修又はキャップの取付をします
藻・ホコリ等の付着 増々付着してスレートの痛みが激しくなる 水洗いをし、下地をきれいにしてから防水材を塗布します

スレート葺屋根

 

お問い合わせはこちら